1. TOP
  2. トレンド
  3. 「君の名は。」舞台のモチーフとなった都内の聖地巡礼!美しすぎる写真集

「君の名は。」舞台のモチーフとなった都内の聖地巡礼!美しすぎる写真集

LINEで送る
Pocket

映画『君の名は。』の聖地を写真におさめたい!

…と連日、物語の中で舞台となった都内各所には映画ファンが巡礼しています。

そんな中、よりそのシーンを美しく写真におさめた作品を、カメラマン矢下氏がWe Love TOKYOのために提供して下さいました。

しばし、映画のシーンを思い浮かべながら、まるで絵画のような写真の数々をご覧ください。

Sponsored Link

新宿御苑のカフェ・ラ・ボエム

新宿御苑のカフェ・ラ・ボエムは 主人公の瀧くんがアルバイトしているイタリアンレストラン。

「2階に厨房があるのが印象的です。

1枚目の屋外に誰も写っていないカットは 土砂降りの雨の中、撮影しました。

君の名は以外にも撮影で使われている人気店なので、まさに奇跡の1枚!!!

劇中にも度々出てくる 黄昏時の雰囲気を出してみました。」(撮影者矢下氏のコメント)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国立新美術館

国立新美術館は、瀧くんとアルバイト先の奥寺先輩がデートで訪れたスポットの1つ。
 
劇中では2階の円形のカフェ サロン・ド・テ・ロンドで、ランチのシーンが描かれていましたね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

信濃町

駅前の歩道橋とドコモタワーです。
 
「野球場が傍にある為、人の流れが絶えることがなく
 
誰も写っていない、この写真もまさに奇跡といえます。」(撮影者矢下氏のコメント)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

おわりに

今回は、映画「君の名は。」で舞台となった都内の写真をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。お気に入りの一枚はありましたか?

ここで、素敵な写真を提供して下さったカメラマン矢下さんのプロフィールをご紹介しますね。

撮影だけでなく、モータースポーツの世界や、コスプレイヤーとしてご自身の個性と世界観を生かし多方面でご活躍されています!

カメラマン矢下氏プロフィール

父がカメラマンだった為 幼少期よりカメラに触れて育つ。

モータースポーツの世界で レーシングドライバーを目指すも断念した時に

撮影側でモータースポーツに関わっていた。

 

2015年から刺激を求めて?撮影だけでなく 自身も被写体側として活動始めました。

矢下さん、素敵な作品のご提供、ありがとうございます!
矢下さんのFacebookページはこちら
これからの矢下さんの作品にも、要注目ですね。
 
 
さて、大ヒット作「君の名は。」の人気は世界中でまだまだ継続中。
 
あなたも映画の中に登場した東京の景色を見つけに、出かけてみてはいかがでしょうか。いつもと違った東京の魅力を再発見できるかも知れませんよ。
 
 
 
こちらの記事もおススメ
LINEで送る
Pocket

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

We Love TOKYO(ウィラブ東京) 東京の「今」をリアルに発信するWEBマガジンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

We Love TOKYO(ウィラブ東京) 東京の「今」をリアルに発信するWEBマガジンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

We Love TOKYO編集部

We Love TOKYO編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アディダス コンソーシアムが仏セレクトショップ「THE NEXT DOOR」とコラボ、"喜劇と悲劇"をスニーカーに

  • リカルド・ティッシ手掛ける新生「バーバリー」が好調で売り上げ増加

  • 図書室のようなブックカフェ「プラトー・ブックス」が文京区白山にオープン

  • 「ルイ・ヴィトン」新作レザーグッズが並ぶポップアップ開催、日本限定アイテムも

関連記事

  • JIL SANDER -Men's- 2020 Spring Summer コレクション

  • スウェーデン発のヴィンテージテイスト ウォッチ「クヌート ガッド」が本格上陸

  • 第47回モード・イン・フランス展はメンズブランドが増加、「イネス・ドゥ・ラ・フレサンジュ・パリ」など初出展ブランドも

  • Miguel Vieira 2020 Spring Summer コレクション

  • メンズ誌「オーシャンズ」太田祐二元編集長がライトハウスメディアを退社へ

  • 「ヨウヘイオオノ」がドレスライン始動、着用シーンに寄り添ったアイテムでクリエイションと顧客の距離を縮める